top of page

2023年のインフルエンザワクチンについて

2023年のインフルエンザワクチンについてです。

2023年は10月2日からインフルエンザワクチン接種を開始します。


生後6ヶ月以上のすべての方が接種対象です。

3歳未満は0.25ml 2回接種。

3歳以上13歳未満は0.5ml 2回接種。

13歳以上は0.5ml 1回接種となります。


接種間隔は4週間(約1ヶ月)が目安です。

2回接種の方は10月中に1回、11月中に2回目をお勧めします。


すべて予約になります。窓口、電話で受付を行います。



今年の5月からコロナウイルス感染症が5類へ変更され、

これに伴う感染症対策の緩和により、

昨年危惧されていたインフルエンザの流行が前倒しで起こってきています。

このため、今年は早めの予防接種が望ましいように思われます。

Kommentare


bottom of page