2022年インフルエンザワクチンについて

2022年10月1日からインフルエンザワクチン接種を開始致します。


生後6ヶ月以上のすべての方が接種対象です。

3歳未満は0.25ml 2回接種。

3歳以上13歳未満は0.5ml 2回接種。

13歳以上は0.5ml 1回接種となります。


接種間隔は4週間(約1ヶ月)が目安です。

2回接種の方は10月中に1回、11月中に2回目をお勧めします。

年内に接種を完了が望ましいです。


すべて予約になります。窓口、電話で受付を行います。



 ここ2年間、日本ではインフルエンザ流行はほぼ見られませんでした。

これは世界的にみても同様でした。

しかし、今シーズン南半球ではかなりの流行が見られております。

複数の国でコロナに対する規制が撤廃され、

我が国での検疫もゆるくなっていることもあり、

海外からの持ち込みから流行が危惧されます。


下のグラフはオーストラリアの今年とここ数年の流行状況の比較です。

2020-21シーズンはほとんど流行がありませんでしたが、

2022シーズンは比較的大きな流行となっているのが分かります。

Australian Influenza Surveillance Report No 12 – fortnight ending 11 September 2022


ここ数年の流行状況から、集団としての免疫は低下しており、

そのような状況の場合、例年より早めの流行となる傾向が指摘されています。

このような状況を考慮すると、対策は早めにしておいた方がよいように思われます。